TOPページ

Hideo SAWADA. ``A Tentative Etymological Word-list of Lhaovo (Maru) Language''. Setsu FUJISHIRO (ed.) Approaches to Eurasian Linguistic Areas (Contribution to the Studies of Eurasian Languages (CSEL) series vol.7). Kobe City College of Nursing. 2004: pp.61--122.
所収のロンウォー語語彙に増補を加え、検索可能な形式にしたものです。


話し手と言語の概況

  • ロンウォーLhaovo /lo̱ŋ{F}vo{F}/はミャンマー(旧ビルマ)連邦のカチン州・シャン州北部,および中華人民共和国雲南省徳宏傣族景頗族自治州に居住する民族である。近隣に居住するジンポーJinghpaw・ラチッLacid(ラシLashi)・ツァイワZaiva(アツィAtsi)などの民族などと共に,「カチン」と呼ばれる文化的集団の成員をなす。人口は,中国に約5000人(戴・徐 1992: 3),ミャンマーに約10万人である(A short information about Lhaovo people: p.1.)。なお「ロンウォー」は自称であり,ビルマ語・ジンポー語による名称はマルMaruである。
  • ロンウォー語はチベット・ビルマ語派(Tibeto-Burman),ロロ・ビルマ語群(Lolo-Burmese)ビルマ語系(Burmish)に属す。ラチッ語、ツァイワ語などと共に、系統的にビルマ語に最も近い言語である。

語義(ビルマ語)のフォントについて


上記の図のように、語義(ビルマ語)が正しく表示されない場合は、以下のような手順が必要です(ブラウザによって見え方は異なりますが、文字が□で表示されるような場合は、フォントがインストールされていない可能性があります)
1. こちらのページからフォントをダウンロードします。
2. フォントをパソコンにインストールします。
スペース
Copyright © 2010 Tokyo University of Foreign Studies, All Rights Reserved,