利用の手引き

「単語検索」

前方、後方、完全一致またはあいまい検索が可能です。

  1. 前方一致:[a] で検索 → [apple] や [apricot] などを検索できます。
  2. 後方一致:[a] で検索 → [banana] や [guava] などを検索できます。
  3. 完全一致:[orange] で検索 → [orange] をを検索できます。
  4. あいまい検索:[ra] で検索 → [grape] や [orange] などを検索できます。

「動詞の見出し形式について」

動詞の項目は

mă{}-tso{L} / tso{H}-ra{H}   食べる

のように、スラッシュを挟んで2つの形式が示されている。
  • スラッシュの前の形式は、否定の前接辞 mă{}- を伴う現実法・否定の情報授受文(日本語の「Vない、Vなかった」)の形式。
  • スラッシュの後の形式は、しばしば文末小辞 -ra{H} を伴う現実法・肯定の情報授受文(日本語の「Vた、Vる(現在の習慣)」)の形式。

この例では、両形式で動詞の声調が異なっている。これは,ある特定の文法的環境で,動詞・助動詞・名詞の声調が交替するというロンウォー語固有の現象によるものである。

声調交替が起こる主な環境は下記の通りである。

  1. 現実法・肯定の情報授受文の核となる動詞(+助動詞)の最終音節
  2. 名詞修飾句・名詞修飾節の核となる名詞・動詞(+助動詞)の最終音節
  3. 動詞連続を成す動詞のうち,最終以外の各動詞の最終音節
  4. 具格標識 -yaŋ{F} の直前
上記の例は、このうち1.に当たる。

声調交替は次のパターンのいずれかを取る。

  • {F}→{L}
  • {L}→{H}
  • {H}→{H}  (声調交替がvacuousに適用されるパターン)
動詞「食べる」の声調交替は、上記2番目のパターンの例である。


「語類」

[v]動詞
[n]名詞(人称名詞・指示名詞・数量名詞などを含む)
[p]小辞(格標識・従属節標識・助動詞・談話機能の表示など)
[p']小辞相当の形式
[interj]間投詞
[phrase]句表現
[clause]定形の従属節表現
[sentence]定形の文表現


「語源情報」

J.ジンポー語
B.ビルマ語
PALI.パーリ語
SHAN.シャン語
ENG.英語
スペース
Copyright © 2010 Tokyo University of Foreign Studies, All Rights Reserved,