スワヒリ語語彙詳細

-fa
(1) [v] 死ぬ,枯れる,つぶれる(会社が)

<例文>
Acha tule na tunywe kesho tutakufa.
ええ、儘よ、飲めや歌えや思いっ切り、どうせ明日はない命。
“Je! Ana nini, amekufa?” “Yu hai na afyaze.”
「ええっ。あの人、どうしたの。死んじゃったの?」「元気矍鑠」
Niachilie nife!
私の事、放っといて、死なせてったら。
Kuna kufa na uzima.
(人生)死生あり。(世の中/人生には)御陀仏と大丈夫の二つがある。
Heri kufa macho kuliko kufa moyo.(Afadhali kufa macho kuliko moyo.)
失望より失明。(失望するより失明するがまし。)
Kufa si suna, ni faradhi.
死とは決して自由選択の利く物ではなく不可抗力的存在。
Kafa pale pale, maskini!
可哀想に即死だった。
Mimi nami sifi!
俺、俺は死なねえんだ。
Amekufa fofofo.
あの人はぐっすり眠っている。
Kafilie mbali!
とっとと死にやがれっ!
Kila kilichozaliwa nakufa hakina budi.
一度生を受け、滅せぬ者の有るべきか。
Kunako matanga kumekufa mtu.(Kunako matanga kumekuwa watu.)
通夜の為の筵(即ち帆布)が敷きつめられて居る処には必ず死人あり。
Kizaacho hufa.
一旦生を授けたる者、死を免がる勿からず。
Binadamu hufa mara mbili. Mara ya kwanza ndipo atakapokufa mtu huyo mwenyewe. Na mara ya pili ndipo watakaombkumbukia yeye wote.
人間は二度死ぬ。最初はその本人が死ぬ時。そして二度目とはその人を憶えて居る人が皆死ぬ時である。
Kuugua si kufa.
病気と寿命とは又別。