スワヒリ語語彙詳細

mdomo
(1) [n] [3/4] 口,唇

<例文>
Kinywa chake kilikuwa kipana na nldomo wake wa chini ulikuwa na tabia ya kuanguka mara kwa mara na kuelemea kirambamchuzi, yaani zile ndevu alizozifuga kichungu chini ya mdomo huo.
彼の口は大きくて下唇はややもすると直ぐ垂れ下がってその下のくぼみに生やしているひげの方を向く癖があった。
Ana mdomo wake wa chini mnene na haushikani na wa juu sawasawa, na baadhi ya wakati hudondokwa na mate.
彼は下唇が厚ぼったくて上唇とちゃんと合わず,よくよだれを垂らしています。
Na mdomo wake wa chini ulimponyoka ukaanguka juu ya kidevu chake na mara mwenyewe akaufyonzea ndani.
彼の下唇が(そのはずみに)ぬるりとめくれて顎の上に落ちたが彼はすぐさま吸い戻した。
Ana mdomo mzuri kama zuwarde.
彼女はズワルデ(小鳥の一種)のような魅力的な口元をしている。
Ana mdomo mchafu (mtamu).
彼は人前も考えず汚い言葉を使う(彼は口が巧い)。
Ana mdomo.
彼は何事に限らずすぐに嘴を入れて来ては台なしにしてしまう。
Katika ghasia hizi za kunlwania Mtume lilikuja jiwe la Quresh mmoja likampiga Mtume kwenye mdomo wake wa chini kwa upande wa kulia, likampasua mdomo likamvunja baadhi ya meno.
使徒(マホメット)を必死に守り抜こうとしているさなかにクレイシュ族の一人が投げた石が飛んで来てマホメットの下唇の右の方に当たり唇が切れて歯が何本か折れた。
Ana tabia za kutafuna ngozi za vidole vyake na za mdomo.
彼は指先や唇の皮を噛む癖がある。
Chembe ya wali imekuganda mdomoni.
口にごはん粒がくっついてるよ。
Kisha akaendelea kusema na huku midomo inamchezacheza.
それから彼は唇を震わせながら更に語り続けた。
Kwa ajili ya baridi midomo yangu imepasukapasuka.
寒さで唇が切れました。
Kumtukana Shariff kunapopotosha midomo.
カリフ(マホメットの後継者)の悪口を云うと口が歪む。(浴信)
Kubana mdomo kwa meno.
唇を噛みしめる。
Midomo yake mikali tena mirefu inamfaa sana kuwashambulia nyoka waliokuwa chakula chake cha wastani.
鋭くて長いその嘴は常食である蛇を襲うのにたいへん都合がよいのです。
Midomi yake yenye rangi mbili inavuta macho ya watazamaji.
その二色の嘴が人の目をひきます。
Kwa midomo yake iliyochongoka ghafla alinyofoa pande la nyama na kutoweka.
尖がった嘴でいきなり肉を引きちぎるとどこかへ飛んで行きました。
Ndege hutumia midomo yao kujitafutia riziki zao.
鳥は嘴を使って糧を求める。
Ndege hawa wenye shigo kama nyoka na midomi mikali ya kukodolea samaki kwa chini ya maji, mimi jamani hawakunikalia vizuri.
蛇のような首をして水中の魚をさっと掠めとる鋭い嘴をしたこの鳥たちの恰好は,皆さん,私にはどうも気持ちいいものではありませんでした。